内覧会♯13 シェード

内覧会
スポンサーリンク

はじめに

入居して1年近くになりますが内覧会をサボっていてまだ我が家のご紹介が終わっておりません。

そして、本日は屋外のご紹介となります。屋外を紹介するときは外覧会と言われてたりしますが、内覧会とは限定した人にお見せすることなので、そもそも外とか内という意味ではありません。

さて、一条施主においてはハニカムシェードがある場合、カーテンをつけるかつけないかということがしばしば議論になりますが、私がこの議論に決着(?)をつけたいと思います。

本日は、室内にカーテンを設置せずに室外に常設のシェードをつけましたという話です。

目隠しにはカーテンかシェードか

我が家は道路のある南側に4マスのパノラマウィンドウ(12尺の掃き出し窓)を設置しており、ハニカムシェードを上げれば外から家の中が丸見えになることは設計の時から想定されていました。

また、日当たりが抜群であることから冬季の晴天時においてハニカムシェードを上げると過剰な日射熱によって家の中がオーバーヒートしてしまいハニカムシェードは全開にできません。

繰り返し申し上げていますが、一条ハウスほどの断熱性能になると、冬季に日当たりが良い家は南側に大きな窓を沢山つけると日中はオーバーヒートして暑くてたまりませんよ。

しばしば、冬季は日射熱を取り入れて暖房費を軽減させるなんて言いますが、室内の窓際にレンガやコンクリートなどの蓄熱できるものがない場合は簡単にオーバーヒートしてしまいます。

さて、窓から侵入する日射熱の抑制と道路側からの視線を回避するには日当たりが良い場合は目隠しフィルム等を窓ガラスに貼るとガラスが熱割れする恐れがあるため別の手段が必要になります。

1年住んでみて、外からの視線は季節を問わないためカーテンのように開けたり閉めたりする必要はないと判断しましたが、一方で冬季は窓から日射熱を取り入れたいところです。

そこで、カーテンではなく視線を遮りつつ日射熱をある程度得られるスケスケタイプ(?)のシェードを屋外に年間を通じて常設することにしました。

タカショー こもれびガーデンシェード

目隠しとなりつつ、光と風が通るタイプのシェードを購入しました。一年を通じて常設するとなると台風などの影響を受けにくい隙間の大きな風を通すシェードにする必要があると考えました。

我が家が採用したタカショーさんのシェードは日本ではタテスと呼ばれるもので、脚を地面に固定して壁に立てかけて設置するものです。遮光率は約57%と記載があります。

以下の商品と上記のタカショーさんの商品のどちらにしようか悩みましたが、シェードの上下をがっちり固定する方針であったたため、今回はタカショーさんの商品にしました。

事前に軒天にアイプレートを設置しています

我が家は設計段階から軒天にアイプレートを計画しています。一般的には外壁にアイプレートを設置すると思いますが平屋の場合は軒天に設置するとアイプレートの使い道が広がるでしょう。

標準施工では、i-smartの軒天の下地は軒の真ん中にありますが、今回は軒の端に下地を追加して頂き(有料です)アイプレートを設置し、アイプレートがタテスの自立をサポートしています。

アイプレートとシェードのハトメ穴などの位置が合わない場合は竿を設置すると良いでしょう。また、シェードとアイプレートの接続に関しては外れる事を想定して二重化したいところです。

 

タカショーさんのタテスを2枚設置して4マスのパノラマウィンドウに目隠しをしています。タテスが風で飛ばないようにコンクリートの万能ウェイトを設置しています。

 

外が明るい昼間は屋外から室内は見えませんからご近所の人が道路を歩いていても会釈しなくて済みます。夜は室内が明るいと外から見えやすくなるためハニカムシェードを下げます。

 

室内はハニカムシェードを上げているため明るくなりましたし、シェードを介してそこそこは外の景色が見えますし、シェードが風に揺れていると外の気候を感じることができます。

当初は外部にゴーヤなどの植物をグリーンカーテンとして設置することを検討しましたが、冬季は目隠しとならないことから、常設のシェードを設置することにしました。

最後に

よくある家作りの失敗としては、人通りが多い方角に大きな窓を設置してしまい、結局はカーテンを閉めっぱなしにしている事例で、何のための大きな窓を設けたのか意味が分からなくなります。

上記のようなことを皆さんに説明するために、我が家はムダに大きな窓を設置して、人通りの多い方角への大きな窓の設置は注意した方が良いということを実証しています。

そして、通常のシェードは窓の日射を遮りたい時期だけに臨時的に設置するものですが、我が家の場合は外からの視線を遮る目的の方が大きいため一年を通じて設置します。

ただ、ずっとシェードを下しっぱなしにすれば、冬季に窓から取り入れる日射熱が減って暖房費が増えてしまいますから、外からの視線を遮りつつスケスケのシェードにする必要がありました。

一条施主においては外壁にアイプレートを設置して窓の外にシェードを設置する事が当たり前になりつつありますから、カーテンが必要かという議論にもう1つ選択肢があって良いでしょう。

つまり、私のようにカーテンを設置せずにシェードを常設するという選択肢です。本件については一般的ではないと思いますが、オシャレなシェードであれば年中設置していても良いと思います。

 

本日は以上でございます。

内覧会
スポンサーリンク
「家は、空調。」24時間全館冷房(除湿)by 一条工務店
タイトルとURLをコピーしました